建機のノウハウ|商業車の買取マニュアル!中古トラックや重機を手放そう

建機のノウハウ

重機

建機と重機の違い

建設に使われる機械といえばショベルカーやブルドーザー、クレーンなどがお馴染みですね。重機との違いは特に無く、重機は「重量のある大きな建設機械」、建機は「建築現場などで使われる機械の総称で、発電機など小型のものも含む」という認識でいいでしょう。

自分でもメンテナンスをしましょう

長く使うためにも、異常を発見するのはなるべく早いほうがいいでしょう。自分でも出来るメンテナンスの一つとして、洗車があります。初心者でも見た目の異常には気づきやすいですが、車体が汚れていると発見しづらくなります。また、見た目が綺麗だと売却時に高く買取してもらえる可能性があり、メリットが多いといえますね。

運転には十分気をつける

建機を使用する際には、運転に十分気をつけなければなりません。「安全確認不足」や「転倒」、「吊荷の落下」などは事故原因でよく聞くと思います。建設現場の大きな建機だけでなく、設備工事のミニ建機にも共通している原因なので、小さいからと言って油断しないようにしましょう。

広告募集中